イギリス留学(ロンドン留学)が低予算で実現できます!!

イギリスのインターネット(Wi-Fi)事情

イギリスのインターネット環境を紹介。

イギリス入国後のインターネット!

イギリスのインターネット(Wi-Fi)事情

ロンドン市内であれば、多くのカフェ、図書館などで無料Wi-Fiサービスが提供されているので、日本から持ち込んだパソコン、iPad、携帯電話(スマホ)などを利用することができます。 宿泊先(寮、フラットシェア、シェアハウス、ホームステイなど)がインターネット(Wi-Fi)の契約をしていていれば、自分の部屋でインターネットをすることができます。入国直後の宿泊先から次の宿泊先(フラットシェアなど)に引っ越しする場合、電話線が引いてあるか?引くことが可能か?確認することが大切です。携帯電話(スマホ)での接続は、機器の準備が大変・料金が割高になってしまうので避けた方が良いでしょう。 イギリスの語学学校では、基本的にWi-Fiの利用ができます。

※ イギリス・ロンドン留学サポートオフィスでは、現地の日本人スタッフがインターネットの接続をサポートしています。

 

日本からイギリスにパソコンも持って行く必要がありますか?

日本の家族や友だちと連絡を取るためにも、パソコンはいまや留学生活の必需品です。便利なコミュニケーションツールを利用して快適な留学生活を送りましょう。インターネットカフェや語学学校のパソコンを利用することもできますが、ビザを取得して長期滞在する予定であれば、日本からパソコンやiPadを持って行くと便利です。

公衆電話機からメールの送受信ができるそうですが、本当ですか?

一部の公衆電話では、通話だけでなくインターネットの接続ができます。キーボード上のボタンや画面の数字をプッシュして、メールの送受信もできます。メールの字数制限はありますが、ヤフー(Yahoo!)などのフリーメールの利用も可能です。

ネットカフェを利用する場合、どうすればいいのですか?

イギリスのインターネット(Wi-Fi)事情

渡航前にフリーメールのアカウントを取得して、インターネットを利用すると便利です。日本語環境が整っていない場合、英語(ローマ字)でのメール送信になります(ダウンロードすれば日本語の使用が可能)。空港など一部の公衆電話からメールの送受信をすることもできます。
ロンドンには多くのネットカフェがあり、easy Everythingはチェーン店として最も有名です(ロンドン以外にもあります)。

チェック

持ち込むパソコンにモデムが内蔵されている場合、イギリスで対応できるか?確認してください。内蔵されていない場合、ワールドワイド対応のモデムを用意してください。
 
イギリスのプロバイダー
ORBIX:http://www.orbixinternet.co.uk/
 
フリーメール
Yahoo!メール:http://mail.yahoo.co.jp/
MSN Hotmail:http://www.hotmail.co.jp/

インターネット対応の宿泊施設(寮)
学生寮 YMH Residence
学生寮 AIU Residence
学生寮 国際留学生会館
女子寮 LCF Residence
女子寮 WST Residence
女子寮 SVG Residence
女子寮 KEP Residence
女子寮 St. Dorothy's
学生寮JYB Residence  
学生寮MAC Residence 
学生寮 FDI Residence 

お客様からのアドバイス

日本からタブレット端末を持ち込み、家(フラットシェア)ではWi-Fiでバスのチケットやオイスターカードの申し込み、旅行の予約などで使っているため、インターネットは必要かと思います。 学校にインターネットをできるPCがあれば、人によってはそれで問題ないかもしれません(メールチェックなどであればスマートフォンで事足りるかもしれませんが)。

寮を出た後の住まいを探したり(携帯電話は見づらい)、行きたい場所や方法を調べるために必要です。また、友人との連絡にSNSなどを利用できるので、携帯電話と同様にインターネットのありがたさを実感しました。 現地スタッフに、繋がるまでサポートしていただき助かりました。