イギリス留学(ロンドン留学)が低予算で実現できます!!

電圧、郵便、食べもの、飲みもの、買いもの事情

イギリス留学を安心して始めるための生活情報を紹介!

イギリス留学を快適に過ごす!

電圧、郵便、食べもの、飲みもの、買いもの事情

イギリスでの留学生活を安心してスタート、快適に過ごすには、イギリスの基本的なことを少しでも多く把握しておく必要があります(2012年7月、イギリスで開催されたオリンピックで、ロンドン市内や地方都市の映像を見た方は多いと思いますが、基本的なことを知っている方は少ないのでは?)。 例えば、イギリスでは、クレジットカードやトラベラーズチェックが使えますが、一部の飲食店などでは現金しか使えません。イギリス留学の手続きが終わったら、渡航前に現地通貨(ポンド、ペンス)を準備してください。
※ イギリス・ロンドン留学サポートオフィスでは、現地の日本人スタッフが留学生活全般のオリエンテーションを行っています。

電圧、郵便、食べもの、飲みもの、買いもの事情

電圧(プラグ)

電圧、郵便、食べもの、飲みもの、買いもの事情

イギリスの標準電圧は240V(ボルト)、周波数は50Hz、プラグは三つ穴のBFタイプになります。日本から電化製品を持ち込む場合(日本は100V)、イギリスの電圧に対応しているか確認が必要です。対応していない場合は、変圧器が必要ですが、精密機械や電圧の大きい電化製品(ドライヤーなど)は故障する可能性があります。 最近のパソコン、カメラ、携帯電話などは、100V~240Vまで対応しているものが多いので、取扱説明書など確認してください。

郵便

ロイヤルメールが一般的で、第一種と第二種の2種類に分かれた料金になっていて、第一種は翌営業日に配達、第二種は通常の郵便で3営業日以内に配達されます。営業時間は基本的に月~金曜日・9:00~17:30(土曜日は9:00~12:30)になります。郵便局はところどころにあり、「Post Office」という表示がされています。 イギリスの絵葉書を日本に送る場合、日本語で書いても大丈夫です。

飲みもの

イギリスで最も人気のある飲み物は、コーヒーではなく紅茶です。陶製のティーポットに沸かしたての湯を注ぎ、濃い紅茶にミルク(牛乳など)を入れて飲みます。紅茶ファンでない方でも、日本との違いが分かるほどの美味しさです。そんなイギリスでの伝統的な午後の過ごし方といえば、やはり「アフターヌーンティー」でしょう。 イギリスの水道水は硬水なので、身体に合わなければミネラルウォーター(または炭酸水)を飲んでください。

食べもの

電圧、郵便、食べもの、飲みもの、買いもの事情

イギリスで最もポピュラーな食べ物といえば、白身魚(鱈)のフライとフライドポテトで知られる「フィッシュ&チップス」でしょう。Take Away(持ち帰り)を伝えれば紙に包んでくれるので、レモンやモルトビネガーをかけ、歩きながら食べることができます。家庭料理としてローストビーフが知られていますが、最近では外国の食品やレストランが増え、多国籍の料理を楽しむことができます(インド料理は人気が高い)。ところで、イギリス人の主食はパン?と思われているようですが、実は“ジャガイモ”で、料理の付け合わせにはほとんど登場します。

買いもの

電圧、郵便、食べもの、飲みもの、買いもの事情

留学生活で自炊を上手にやりくりする場合、安く売られているスーパーやストリート・マーケットなどで購入するようにしましょう。例えば、スーパーでは「テスコ(TESCO)」や「センズベリー(Sainsbury's)」、ストリート・マーケットでは「シェパーズブッシュ(Shepherd's Bush)」や「スミスフィールド(Smithfield)」で安くて美味しい食材を買うことができます。イギリス・ロンドンの大手スーパーは24時間営業の店もあるので、とても便利です。 デパートであれば、品質にこだわりを持ち高級店で知られるHarrods(ハロッズ)、庶民派のJohn Lewis(ジョンルイス)やSelfridges(セルフリッジ)、Marks & Spencer(マークスペンサー)などが知られています。 デパートやショッピング街のバーゲンセールは、春と夏の終わりに行われますが、イギリスでは、1月に最大のバーゲンセールが行われます(月末になると、在庫一掃でさらに値下げされる)。

チェック

ブランドショップが立ち並ぶイギリス・ロンドンのNew Bond Streetは、ショーウィンドーにディスプレイされている商品を眺めながら歩くだけでも優雅な気分にさせてくれます。  

 ロイヤルメール:http://www.royalmail.com/portal/rm
 テスコ:http://www.tesco.com/
 ハロッズ:http://www.harrods.com/Cultures/en-GB/homepageindex.htm
 ジョンルイス:http://www.johnlewis.com/