イギリス留学(ロンドン留学)が低予算で実現できます!!

教育ローン(奨学金)

イギリス留学に必要な留学資金を調達!

教育ローン(奨学金)を利用すれば、留学費用(資金)が足りなくてもイギリスに留学することできます!

教育ローン(奨学金)

金融機関ではさまざまなローン(奨学金)を用意していて、留学目的で使える金利が低い教育ローン(奨学金)があります。借りられる額は金融機関によってさまざまで、例えば、国(日本政策金融公庫)の教育ローン(奨学金)は最高450万円になります。
教育ローン(奨学金)を利用する場合、金利、担保、返済方法はもちろんのこと、どこまでの費用が対象になるか(学校の授業料だけ?宿泊費も大丈夫?航空券の代金も大丈夫?生活費などを含めた全体の留学費用が大丈夫?)、自分の留学目的は対象になるか(例えば、語学留学は大丈夫?)借入をする金融機関に確認してください。
教育ローン(奨学金)は、長期留学だけでなく、短期留学も対象になります。

教育ローンQ&A

教育ローン(奨学金)を借りる場合、どこの金融機関がいいですか?

教育ローン(奨学金)

金利の面では国(日本政策金融公庫)の教育ローン(奨学金)になります。
国(日本政策金融公庫)の教育ローン(奨学金)と民間の銀行や信用金庫などが行っている教育ローンがあります。

対象になる学校や期間などの条件はありますか?

はい、金融機関によって、条件があります。
国(日本政策金融公庫)の教育ローン(奨学金)は、6ヶ月以上の留学が対象になります。
民間の銀行や信用金庫は、留学目的、学校、期間など、条件がさまざまです。

教育ローン(奨学金)の審査には、どのようなものが必要ですか?

基本的には、金融機関が用意している申込書、印鑑、印鑑証明書、本人を証明するもの、利用目的が確認できるものが必要になります。

審査期間は、どのくらいかかりますか?

国(日本政策金融公庫)の教育ローン(奨学金)は、約2週間になります。
民間の銀行や信用金庫は、2・3週間になります。

教育ローン(奨学金)の審査がとおり、融資されるお金はどのように受け取りますか?

国(日本政策金融公庫)の教育ローン(奨学金)は、申込者が指定した口座に振り込まれます。
民間の銀行や信用金庫は、申込者が指定した口座か留学会社や語学学校に直接振り込みされます。

検討している語学留学のプランが、教育ローン(奨学金)の対象になるか、教えてください。

はい、分かりました(イギリス・ロンドン留学サポートオフィスを利用したお客様は、スムーズに審査がとおっています)。

チェック

教育ローン(奨学金)を短期留学で利用する場合は「民間の銀行や信用金庫」、6ヶ月以上の長期留学は「国(日本政策金融公庫)の教育ローン(奨学金)」をお勧めします。

教育ローン(奨学金)を取り扱っている金融機関
日本政策金融金庫 :https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
三菱東京UFJ銀行:http://www.bk.mufg.jp/kariru/kyouiku/index.html
三井住友銀行:http://www.smbc.co.jp/kojin/kyouiku/index.html
みずほ銀行:http://www.mizuhobank.co.jp/loan/education/index.html