イギリス留学(ロンドン留学)が低予算で実現できます!!

イギリス留学の準備マニュアル

イギリスに留学したいと思った時からお申込みの手続きまで!

イギリスに留学することが決まったら、少しずつ準備

イギリス留学の準備マニュアル

はじめて留学をする方から経験のある方まで、ぜひ、参考にしてください!
イギリスに留学したいけど、何からはじめれば良いか分からない、そんな方のためにイギリス留学の準備&情報収集からお申込み手続きまでの流れを紹介します。
留学は海外旅行とは少し違うので、イギリスに留学することが決まったら、少しずつ準備してください。

イギリス留学の情報収集 〜 手続きの流れ

1.自分の目的や条件に合った留学スタイルを見つけてください。

イギリス留学の準備マニュアル

語学留学(基礎から英語を学ぶ、会話力を身につける、就職活動に活かす留学費用を安くしたい、英検の資格取得など)、お稽古留学ホームステイ留学キャリアアップ留学日本語教師児童英語教師ジュニア・親子留学社会人向け留学イギリス・二都市(二カ国)留学公立学校留学高校交換留学などがあります。
留学スタイルの選び方が分からないときは、お気軽にお問い合わせください。お電話の方は、0120-007-704になります。

2.留学スタイルが見つかったら、情報収集をしてください。

イギリス留学を成功させるためには、正しいイギリスの情報を把握する必要があります。

  • 何から調べればいいのか分からない。
  • 留学費用はどのくらいかかるか。
  • 物価や治安のことが気になる。
  • ホームステイと寮、どちらがいいの。
  • ビザは必要なのか。
  • お金はどうやって持って行けばいいのか。
  • 英会話スクールに通う必要はあるか。
  • 留学をするには資格が必要か。
  • 費用をおさえるにはどうすればいいの。
  • 授業料の安い学校と高い学校の違いはなに。
  • フラットシェア、シェアハウスってなに。
  • 学校などの手続きは、何か月前にするのか。
  • パソコンは必要か、スマホは現地で使えるか。
  • 公的手続きは必要か。

ネット上には間違った情報が掲載されていることがあるので、注意が必要です。
はじめての留学で不安、忙しくて情報収集する時間がない、英語力に自信がなくて調べられない、直接話を聞いてみたい」という方は、お気軽にお問い合わせください。お電話の方は、0120-007-704になります。

3.自分に合った留学プログラムを決めてください。

イギリス留学の準備マニュアル

語学学校(授業内容、校内の雰囲気などを確認)、宿泊先(通学時間、最寄り駅からの距離などを確認)、空港送迎(現地空港での待ち時間を確認)、留学生活サポート(現地のサポート会社に委託していないか確認)、航空券(割高料金になっていないか確認)など、ひとつひとつ内容を確認し自分の留学スタイルに合ったプログラムにしてください。
留学プログラムが決まらないと、イギリス留学の準備は先に進みません。自分で解決できない疑問点があれば、お気軽にお問い合わせください。

4.お申込みの手続きになります。

学校、宿泊先、空港送迎、留学生活サポートなど、ご希望のプログラムが決まりましたらご連絡ください(学校または宿泊先のみのお申込みもできます)。

申込書類の送付

お見積書、ご請求書、申込書、返信用封筒。

 
申込書の返送

申込内容を確認し、申込書を記入しましたらイギリス・ロンドン留学サポートオフィス宛の返信用封筒にてご返送ください。
申込書が届きましたら、仮の申込み扱いになります。

 
費用のお支払い

仮の申込みが済みましたら、費用をお支払いください。費用の受領により、正式な申込み扱いになります。

 
学校、宿泊先などの手続きを開始

正式な申込み扱い後、約2〜3週間くらいで入学許可証をお渡しすることができます。

 
渡航準備(追加資料)の送付

イギリス留学の助けとなる各種リーフレット、持ち物のチェックリスト、留学保険の資料など。

 
入学許可証の送付

学校から入学許可証が届きましたら、お客様に連絡し送付します。

お客様からのアドバイス

パスポート

申請に必要な証明写真を、家の近所にある証明写真機で撮って持って行ったら、背景の色がどうのとか言われ、パスポートセンターの建物内にある写真屋さんで撮りなおしすることになりました。写真は、専門の人に撮ってもらった方が無駄がなく安心です。

現金、トラベラーズチェック

空港の自動販売機でジュースを買おうと思ったら、現金を持っていなくて買えなかった。多少の現金は持っていた方が良いと思います。トラベラーズチェックを現金に換金する時、両替所によって換金するレートや手数料が違うので、確認してから換金した方が良いと思います。

プラグ(電気)

日本からは携帯電話(アンドロイド)、カメラ、iPod、パソコンを持って行きましたが、日本のプラグはイギリスのコンセントに合わないので、変換してくれるプラグを購入し使用しました。イギリスでは基本的にBFタイプになるので、日本で購入しておいてください

キャッシュパスポート

日本円をチャージしておけば、現地のATMで現金を引き出すことができます。クレジットカード(マスターカード)も付帯されているので、デビットカードとして利用することもできます。簡単に作成できるので、作っておくと便利です。

クレジットカード

VISA、アメックスを用意して行きましたが、アメックスは使える所が少なく、VISAはほとんどの所で使えます。それから、友達が持っていたマスターも大丈夫、でも、JCBはあまり使えません。

教育ローン

留学資金が足りなかったので、国がやっている教育ローンを利用しました(民間より金利が低いので、返済期間を長くして、毎月の返済額を少なくすることができました)。
学校の入学許可証(審査対象の学校)、審査に必要な書類を用意しなければならない。

学生ビザ

取得できるまで本当に不安で仕方が無かったですが、スムーズに取得することができました。ビザ取得が困難・面倒、そして不安・・・などの理由で他国に変更せず、イギリス留学を決めて本当に良かったです。

留学保険

足をねんざした時、日本で契約したAIG損保のセンターに電話をしたら、日本語が通じる近くの病院を紹介してくれました。どこの病院に行ったらいいか分からなかったので、とても助かりました。

出国審査

出国の2時間前には空港に必ず着く必要があります。荷物などのトラブルに不安が有りましたが、私の場合は特に問題ありませんでした。空港が広いので時間に余裕を持って行動することがオススメです。時間に余裕があると、空港内で両替をしたり、日本から持っていった方がいいようなモノも売っているので最終のチェックができます。

入国審査

入国カードはなるべく飛行機の中で記入しておいた方がいいと思います。私は飛行機の中で記入せず、入国審査の列に並んでいる最中にカードを記入していなかったことを思い出し、焦ってしまいました。飛行機の中で客室乗務員がカードを配っているのを見かけたら、すぐに貰っておいた方が良いでしょう。

イギリス留学の準備マニュアル
イギリス留学の準備マニュアル
イギリス留学の準備マニュアル
イギリス留学の準備マニュアル