イギリス留学(ロンドン留学)が低予算で実現できます!!

イギリス短期学生ビザ

イギリスに短期留学する場合に必要な短期学生ビザの紹介!

イギリスの短期学生ビザ!

短期学生ビザ

日本国籍者(Non-visa nationalを含む)で6ヶ月未満の滞在を予定している場合、基本的に短期学生ビザを取得する必要はありません(渡英前に短期学生ビザを取得することもできます)。
渡英前に短期学生ビザを取得しない場合(6ヶ月未満の滞在に限ります)、イギリスの入国法の規定を満たしているということをイギリスの入国審査官に納得してもらう必要があります。イギリスの入国審査官は、パスポートや目的に沿った書類などを確認し、短期留学生(短期学生ビザ)の条件を満たしていると判断した場合、最長6ヶ月間の滞在を許可します。

短期学生ビザQ&A

イギリスの入国審査官に何を見せれば短期学生ビザが取得できますか?

下記の書類などを準備してください。
語学学校が発行する入学許可証(ビザレター)
・ 滞在費用証明(資金証明)
宿泊先の詳細、証明書
・ 帰国用航空券
現金キャッシュパスポートクレジットカード
※短期留学生(短期学生ビザ)であるにも関わらず、観光ビザで入国した場合は違法になります。

観光ビザで入国し、イギリスで語学学校の手続きをして勉強することはできますか?

短期学生ビザ

イギリスのビザ制度が変更になり、観光ビザで入国した場合は語学学校で勉強することができません。イギリス滞在中に語学学校で勉強したい場合、短期留学生(短期学生ビザ)で入国する必要があります。

短期留学生(短期学生ビザ)として入国した場合、イギリスに滞在する期間を延長することはできますか?

短期学生ビザ

短期学生ビザは、延長することができません。
一度帰国して、学生ビザ(Short-term Study VisaまたはTier 4:General Student Visa)やワーキングホリデー(Tier 5:ワーホリ:YMS:Youth Mobility Scheme)を申請・取得しなければなりません。
※ 基本的に、短期留学生(短期学生ビザ)で再渡英(再入国)することも認められていますが、イギリスの入国審査官に入国を拒否される場合があります。

短期留学生(短期学生ビザ)の場合、アルバイトをすることはできますか?

短期学生ビザ

いいえ、できません。
学生ビザ(Tier 4:General Student Visa)ワーキングホリデー(Tier 5:ワーホリ:YMS:Youth Mobility Scheme)であれば、制限された時間内のアルバイトが許可されています。